アクアピアについて|介護老人保健施設 リハビリテーション/デイケア/ショートステイ |アクアピア新百合 神奈川県川崎市麻生区

「水」というキーワードは、楽しみながら元気になるため、またハンディキャップもある人でも少しでも動けるようにプールを活用した歩行訓練を行っています。このプールの水は施設の庭に新たに井戸を掘って採水しています。さらに池を作り金魚がたくさん泳いでいます。大きな池ですから金魚も大きくのびのびと泳いでいます。見ているだけで心が和みます。また水道とは別の水源は、災害時など皆さんの非常用としても活躍してくれるでしょう。

「蔵」は数十年前からあり、関東大震災の時もビクともしなかった建物です。この蔵をアクアピア新百合のランドマークとして室内を改装して、そこで遊んだり出来るように囲炉裏や畳などを敷いたりしました。おもちを焼いたり、鍋を囲んだりの団欒や映画を見たりお茶をたてたりと昔の香りを残しながら地域のみんなで使えるように配慮しています。

アクアピアでは、ご利用者様が楽しみにしている「食」についても積極的に取り組んでいます。栄養・カロリーのバランスへの配慮はもちろん、個々人の体調にあわせた食形態にも柔軟に対応しています。施設内には大型のPC画面が設置され、何時でも気軽にメニューを映像で確認出来るようになっています。

アクアピア新百合では施設内・外において様々なIT化に取り組んでいます。施設内には無線LANが完備され、室内でパソコンを利用する事も可能です。セキュリティや低消費電力に配慮したシステムで、スタッフ一人ひとりが煩雑な事務作業から解放され、その分、ご利用者様へのサービスの充実にあてる事が可能になっています。あくまでもご利用者様の主体性を尊重し、自立し、ご自分の時間を楽しんでいただけるよう心掛けています。打ち込まれたデータを元に、決まったサービスを提供していくのではなく、IT化による効率化で日常レベルでのデータの有効活用が可能になり、一言でも多くご利用者様と会話をして、手を取り合うことが大切だと考えています。スタッフがご利用者様お一人おひとりに対して気付いた情報は逐一入力されて行きます。その情報はスタッフ全員で共有され、「○○さんは枕が高いほうが良く眠れる」「●●さんは唇が乾きやすい」など、生活の中で身近な者しか気付かない様なことも継続して配慮していく事が出来ます。

グループの母体である、医療施設「いしだクリニック」、居宅介護支援事業である「アクアピア百合丘」とも連携したシステムが運用され、ご利用者様への総合的な自立支援が実現しています。

アクアピア新百合内ではスタッフ一人ひとりが携帯型の情報端末を身に付ける事で、リアルタイムでの広範囲なデータの更新と共有が可能となり、心の通ったIT化への取り組みが実践されています。